TOEIC990点を目指して、日々戦うなかで感じたことを綴ります。
<< 【Jリーグ】ツネ様舞った!起死回生オーバーヘッド弾 | main | 【MLB】イチロー9年連続20盗塁以上達成 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【プロ野球】復帰2戦目の巨人・クルーンが黒星
JUGEMテーマ:スポーツ

 

 156キロの直球をとらえられた。延長十回二死三塁。巨人のクルーンは、金本に適時二塁打を浴びて決勝点を献上した。先発の内海が9回無失点の力投を続けたマウンドで均衡を破られ、試合後は「一球の失投が明暗を分けてしまった」と深いため息がもれた。

 左手中指の手術から前夜に戦列へ戻ったばかり。復帰2戦目にして訪れた緊迫した場面での登板。右腕は「調子は悪くなかった」と否定したが、明らかにフォークボールが精彩を欠いた。

 十回は先頭打者の平野に、ほとんど落ちなかったフォークを右翼フェンス直撃の二塁打にされてピンチを招いた。その後もフォークが抜け、金本の初球には、珍しく縦に曲がるスライダーを投げた。フォークが決まらないと、直球の威力も生きるはずがなかった。

 金本の打席の直前に自らマウンドへ足を運んだ原監督は「いい状態だったと思う」と守護神をかばった。そして、「戦場に戻ったわけだから」と今後も大事な場面での起用を明言した。シーズンに何度かある乱調なら問題はない。次回以降の投球が大事になる。

(田中充)

【関連記事】
クルーン復活の154キロ「いいストライクに満足」
【プロ野球】クルーンが復帰
巨人、思わぬ悪夢で逆転負け 2本塁打浴びた越智が誤算
クルーン、18日阪神戦で1軍復帰
巨人・クルーン実戦復帰、2軍で156キロ

最終更新:7月19日19時44分




*****
クルーンは精神面が不安定なところもあり、ピリッとしない。
山口、越智、M・中村と比較すると安定感に欠ける。
同点の場面で彼を起用した原監督の采配にも疑問が残る。
彼が不調でもジャイアンツの優勝は間違いない。

| NEWS | 22:39 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - |









http://990.jugem.jp/trackback/982
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/20 10:06 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/07/20 10:04 PM |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ