TOEIC990点を目指して、日々戦うなかで感じたことを綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【Jリーグ】レアンドロがアルサドへ完全移籍
JUGEMテーマ:スポーツ

 J1ガ大阪は26日、FWレアンドロ(24)が中東カタールのクラブ、アルサドに完全移籍することで、クラブ間で基本合意に達したと発表した。ガ大阪のブラジル人ストライカーがシーズン途中に中東に移籍するのは、07年のマグノアウベス、08年のバレーに続いて3季連続となる。

 ガ大阪によると、獲得の正式オファーが届いたのは今月中旬。レアンドロとの契約にはシーズン途中の移籍を認めない条項を盛り込んでいたが、本人の移籍の意志が固く、アルサドがガ大阪に数億円の違約金を支払うことで、認めざるを得なくなったという。

 05年に来日したレアンドロは大宮、山形、神戸を経て今季からガ大阪に所属。今季のリーグ戦は23節終了時点で11ゴールを挙げ、得点ランキングはトップと1ゴール差の4位タイ。4〜5月には、アジア・チャンピオンズリーグを含め公式戦9試合連続ゴールを決めるなどFW陣の軸だった。


*****
お家芸。
3季連続の失態。
日本のクラブを中東クラブへのステップとして使われてはいけない。
| NEWS | 22:50 | comments(0) | trackbacks(101) |
【MLB】イチロー9年連続20盗塁以上達成
JUGEMテーマ:スポーツ
 シアトル・マリナーズのイチロー外野手は、敵地プログレッシブ・フィールドで行われたクリーブランド・インディアンス戦に1番ライトで先発出場。4打数3安打、2得点、1四球、1盗塁(今季20個目)と、今季13度目の「猛打賞」を記録する活躍で、打率を.363に上げた。マリナーズは同点の8回に勝ち越すと、9回にもイチローのヒットを足掛かりに加点し、5対3でインディアンスを振り切った。

 同点の8回、マリナーズは無死一、二塁から、犠打と犠牲フライで勝ち越し。昨日同様、わずかヒット1本で1点をもぎ取り、後半戦最初のシリーズの勝ち越しを決めた。

 その前の7回は、先頭で打席に立ったイチローの二塁打を生かせず、チグハグな面が出たが、勝負どころではそれぞれの選手が、すべき仕事をきっちりとこなしている。

 9回は先頭のイチローが、この日3本目のヒットで出塁すると、相手のミスもあって無死満塁から加点。1点どまりではあったものの、これで試合の行方はほぼ決まった。

 ただ、この日の試合では不安ものぞいている。先発のエリック・ベダード投手は、初回に3点のリードをもらいながら、5回を投げ切れない。味方に足を引っ張られた面もあったが、5回途中でマウンドを降りるようでは、やや心もとない。

 守備では5回、2死二塁で、ビダードがビクター・マルティネス一塁手をセカンドゴロに打ちとったものの、ホセ・ロペス二塁手が後逸。タイムリーエラーで同点となり、ビダードの6勝目も消えた。

 試合に勝ったことで、これらの要素は人々の記憶から簡単に消えそうだが、負けていれば、ともに敗因としてクローズアップされたことだろう。

 ところで、試合のハイライトは、最後の最後にやってきた。

 2点差の9回裏2死一塁。マルティネスの打球は快音を残して右中間へ。打った瞬間、誰の頭にも“同点弾”がよぎったが、イチローが必死に背走すると、最後はジャンピングキャッチ。高々と上げたグラブの中には、白球が収まっていた。

 なおイチローは、9回に今季20個目の盗塁を決め、デビュー以来9年連続で20盗塁以上をクリアした。これは意外に珍しい記録で、史上9人目のことだそうだ。

【Game Notes】

・当初は休養予定だったラッセル・ブラニヤン一塁手が、初回に先制2ラン。今季23号アーチで、キャリアハイにあと1本まで迫った。

・イチローの「猛打賞」は、今季13度目。キャリア通算では193度目。

*****
イチローの活躍が光る。
マリナーズも白星を重ねており、プレーオフが楽しみだ。 
| NEWS | 19:24 | comments(0) | trackbacks(78) |
【プロ野球】復帰2戦目の巨人・クルーンが黒星
JUGEMテーマ:スポーツ

 

 156キロの直球をとらえられた。延長十回二死三塁。巨人のクルーンは、金本に適時二塁打を浴びて決勝点を献上した。先発の内海が9回無失点の力投を続けたマウンドで均衡を破られ、試合後は「一球の失投が明暗を分けてしまった」と深いため息がもれた。

 左手中指の手術から前夜に戦列へ戻ったばかり。復帰2戦目にして訪れた緊迫した場面での登板。右腕は「調子は悪くなかった」と否定したが、明らかにフォークボールが精彩を欠いた。

 十回は先頭打者の平野に、ほとんど落ちなかったフォークを右翼フェンス直撃の二塁打にされてピンチを招いた。その後もフォークが抜け、金本の初球には、珍しく縦に曲がるスライダーを投げた。フォークが決まらないと、直球の威力も生きるはずがなかった。

 金本の打席の直前に自らマウンドへ足を運んだ原監督は「いい状態だったと思う」と守護神をかばった。そして、「戦場に戻ったわけだから」と今後も大事な場面での起用を明言した。シーズンに何度かある乱調なら問題はない。次回以降の投球が大事になる。

(田中充)

【関連記事】
クルーン復活の154キロ「いいストライクに満足」
【プロ野球】クルーンが復帰
巨人、思わぬ悪夢で逆転負け 2本塁打浴びた越智が誤算
クルーン、18日阪神戦で1軍復帰
巨人・クルーン実戦復帰、2軍で156キロ

最終更新:7月19日19時44分




*****
クルーンは精神面が不安定なところもあり、ピリッとしない。
山口、越智、M・中村と比較すると安定感に欠ける。
同点の場面で彼を起用した原監督の采配にも疑問が残る。
彼が不調でもジャイアンツの優勝は間違いない。

| NEWS | 22:39 | comments(0) | trackbacks(2) |
【Jリーグ】ツネ様舞った!起死回生オーバーヘッド弾
JUGEMテーマ:スポーツ
 「J1・第18節、川崎2-2神戸」(18日、等々力)
 神戸はアウェーで川崎と対戦。1-2で迎えた後半24分、DF宮本恒靖(32)が鮮やかなオーバーヘッドを決めて同点。宮本にとってJ復帰後初、3年ぶりのリーグ戦ゴールで、過去公式戦全敗だった鬼門・等々力での連敗を5で止めた。14連敗中だった大分は、強化担当の松山博明氏が暫定的に指揮したが、2位・浦和に1-0で勝って連敗ストップ。首位の鹿島は清水と引き分けたが、勝ち点を43に伸ばしてJ1記録に並ぶ16試合連続負けなしとした。
  ◇  ◇
 敵、味方、サポーター、その瞬間、誰もが目を丸くした。1-2で迎えた後半24分、左サイドからのクロスを、ペナルティーエリア内でDF宮本が胸トラップ。ボールは頭上へと上がった。「トラップが浮いた瞬間によぎった。いい高さに上がったんで」。そしてツネ様は舞った。漫画でしか見られないような鮮やかな右足オーバーヘッドが、ゴール左隅へ。自身3年ぶりの公式戦ゴールが、執念のドローを呼んだ。
 まさに値千金の一発だった。これまで神戸は等々力で公式戦5戦全敗。この日も日本代表MF中村憲を起点に圧倒的な攻撃力を誇る川崎に、完全に試合を支配された。しかし、神戸の中で唯一、この鬼門に好相性を誇っていた選手が宮本だった。G大阪所属時の05年の最終節には同地で逆転リーグ優勝を決めており、ゴールも奪っていた。「等々力は本当に何かあるのかなと思いますね」。思い出の地に新たな伝説を刻み込んだ。
 宮本本人でさえ「まったく実感のないゴールだった。今までもないし、これからもたぶんないでしょうね。今はとにかくビデオが見たい」と話すスーパーゴールに、周囲も驚きを隠せない。和田監督が「あんな奇麗なオーバーヘッドは初めて見た。見れたことに感動した」と話せば、FW大久保にいたっては「打つな〜って思ったけどね。絶対入らんと思った。打たな分からんもんやね」と、思わずうなった。
 降格圏からの脱出とはいかなかったが、リーグ屈指の攻撃力を誇る川崎相手に敵地でもぎとった勝ち点1は、今後に向けて大きな収穫。「ようやく自分たちの形が作れるようになってきた。この勝ち点1をプラス材料にしたい」と、宮本。等々力を驚がくさせたミラクルゴールが、再進撃の号砲となるか。

【関連記事】
大分4カ月ぶり勝利!連敗「14」で止まった
最下位・大分が浦和に勝利、連敗「14」でストップ
石川不発も“夏男”平山2発でFC東京が圧勝
鹿島引き分け、浦和は敗戦 大分は連敗を14で止める
[ 2009/7/19 10:08 更新 ]
 


*****
お見事の一言。
プロは魅せることも大切。
ツネ様健在。
| NEWS | 22:30 | comments(0) | trackbacks(67) |
【高校野球】私立柳ケ浦高校野球部バス横転事故
JUGEMテーマ:スポーツ
 全国高校野球選手権大会大分大会の開会式に向かっていた私立柳ケ浦高校(大分県宇佐市)の野球部員1、2年生46人が乗ったバスが11日、大分県日出(ひじ)町の大分自動車道日出ジャンクション付近で横転。この事故で2年生の吉川将聖(しょうせい)君(16)が車外に投げ出されて死亡、42人が重軽傷を負った。夏の甲子園を目指す晴れ舞台を前に起きた悲劇。同校の保護者会は、13日の初戦に出場するかを話し合ったが、結論は12日に持ち越された。

 大分自動車道のバス横転事故で亡くなった吉川君の遺体はこの日夜、奈良県桜井市内の祖父宅へ無言の帰宅。棺が家の中へ運び込まれる間、母親の歌織さん(38)は「将、将」と帰らぬ息子の名前を叫び続けた。遺体は飛行機で運ばれ、午後7時35分ごろ伊丹空港に到着。喪服姿で同乗した柳ケ浦高校の高橋和治校長と藤久保茂己監督は、家族と対面すると目を真っ赤にして深々と頭を下げた。家の中からは「起きて、起きて」と泣き叫ぶ母親の声が響いた。

 現場に駆けつけた地元消防などによると、事故が起きたのは午前8時半ごろ。雨の中、バスは日出ジャンクション付近で横転、車体からは路面との摩擦で火花が散った。「早く逃げろ、急いで出ろ」「爆発するかも」。大声が飛び交い、上を向いた車体右側の窓を開けて部員たちが次々と脱出。2年生部員は「うとうとしていたら、カーブでハンドルを大きく切ったので目が覚めた。その後、何度もハンドルを左右に切り、横転した」と事故の様子を振り返った。

 吉川君は窓から投げ出された部員2人のうちの1人で約10メートル飛ばされた。医師が現場に到着した9時半ごろには、重傷者は搬送され軽傷の約30人が残されていた。吉川君は救命活動を受けることなく死亡が確認された。多くの部員はしゃがみ込み、パニック状態に陥って「あいつが死んだ」と取り乱す部員もいた。

 「甲子園に行きたいといつも言っていた」。学校関係者によると、吉川君は捕手で新チーム結成の際には中心選手としての活躍が期待されていた。小学校の卒業文集に「メジャーリーガーになる」と夢をつづり、奈良・桜井東中では県内の少年野球チームに所属、4番で主将を務めていた。柳ケ浦では野球部寮の「闘球寮」で生活し、午後10時の消灯時間ぎりぎりまで素振りをしていることもあったという。

 2年生のリーダー的存在で、前日の練習後には藤久保監督と、この日夜に開催予定だった3年生の激励会で合唱する歌を選考。「指揮を執って歌も決めてくれと言った。“栄光の架橋”(ゆず)なんていいねと話していた」と藤久保監督。吉川君も「分かりました」と笑顔で話していたという。

 学校関係者によると、事故に遭ったバスは、91年製の旧型で同年に新車購入。運転席以外にはシートベルトが設置されておらず、馬場崇夫教頭は「ゆくゆくはつけないといけないと思っていた…」と言葉を詰まらせた。

 ≪「頑張り屋だった」≫歌織さんのいとこの吉田享史さん(40)によれば、歌織さんは「かなり動転しているし、しょうすいしている」。一家は歌織さんと将聖君、妹、弟の4人で、将聖君が野球を始めたのは小学生から。吉田さんは「母親や弟、妹思いの子。責任感の強い頑張り屋だった」と悔しさをにじませた。将聖君と小中学校で同級生だったという女性は「小学校時代から“イチローさんにあこがれている”“将来はプロ野球選手になりたい”と話していた」と話した。

【関連記事】
柳ケ浦高校野球部員事故死 大分大会出場父母会で結論
花巻東 菊池、決戦へ入念ストレッチ
花巻東 菊池、被安打9も2戦連続12K完封!
代わった投手が打たれ…勝負の分かれ目は3回
「流れくると思った」エースを援護、胸を張る主将

最終更新:7月12日12時11分



*****
悲劇。
こういうことは今後あってはならないだろう。

運転席以外にはシートベルトが設置されておらず、馬場崇夫教頭は「ゆくゆくはつけないといけないと思っていた…」と言葉を詰まらせた。



後からそんなこと言っても遅い。
ご冥福を御祈り致します。 

| NEWS | 19:08 | comments(1) | trackbacks(32) |
【Jリーグ】大久保暴挙!審判に水振りかけた
JUGEMテーマ:スポーツ

 ◆J1第17節第1日 千葉1−1神戸(11日・フクダ電子アリーナ) エースの悪癖がまた顔を出した。前半38分。日本代表FW大久保は、自陣で千葉MF谷沢を倒してボールを奪うも、判定はファウル。納得できない大久保は、飲んでいた水を主審と谷沢に向かって振りかけた。すぐさま主審からイエローカードを出されたが、主将の元日本代表DF宮本になだめられながら抗議を繰り返した。

 「まぁ、それはいいじゃないですか」。バツが悪そうにバスへと乗り込んだ大久保。日本代表でも、W杯アジア3次予選オマーン戦で相手GKを蹴り、一発退場した過去がある。今回は主審への異議を行ったとして警告で済んだが、再び同じ過ちを犯してしまった。

 試合は前半39分のカウンターからMF朴の右足シュートで先制するも、後半23分に同じカウンターから同点弾を献上。連敗こそ3で止めたが、今季未勝利のアウェーで白星をまたもや逃し、順位も降格圏の16位へと転落した。復帰後、初めてのFW起用で何度もチャンスは作った大久保は「切り替えてやっていくだけ」と前を向いたが、すっきりしない試合は続くばかり。

 【関連記事】
大久保がFW復帰!連敗止める…神戸
大久保が復帰後初のFWでゴール狙う…神戸
大久保不発、初陣和田監督完封負け…神戸
大久保、和田新監督に初勝利捧げる!…神戸
フクダ電子アリーナ イエローカード オマーン を調べる

最終更新:7月12日8時1分



*****
主審と相手選手に水を振りかけて、なぜレッドカードではないのかという疑問が残る。 
この行動こそ「レッドカード」だと思うのだが。
事実関係を確認して、出場停止処分を与えるのが妥当だろう。

| NEWS | 18:53 | comments(0) | trackbacks(92) |
【プロ野球】楽天・岩隈、まさかの4被弾…5敗目喫す
JUGEMテーマ:スポーツ

 (パ・リーグ、ソフトバンク8−0楽天、11回戦、楽天6勝5敗、12日、ヤフードーム)右ひじ痛から復帰先発した楽天の岩隈が4本塁打で7失点と崩れ5敗目を喫した。打線はソフトバンク投手陣の前に9安打を放ちながらあと一本が出ず無失点に抑えられた。楽天はこれで8連敗を含む4カード連続の負け越しとなり借金は7まで膨らんだ。

【写真で見る】 険しい表情のノムさんの前を通る岩隈

 エース・岩隈は右ひじ痛で抹消されてから約1カ月ぶりに復帰し臨んだ試合だったが、本調子とは言い難い内容だった。

 初回こそ三者凡退に切って取ったが、高めに抜ける球が目立ち、毎回スコアリングポジションに走者を置く苦しい展開。3回までは無失点で凌いだが、四回無死から松中に13号ソロを浴びると、続く小久保に安打を許し、多村には決め球のフォークを、田上にはシュートをスタンドまで運ばれた。五回にもランナーを2人置き、小久保に高めに浮いたストレートをレフトスタンドまで運ばれた。結局、3本塁打を許し5回7失点でマウンドを降りた。

 岩隈は昨シーズン28試合に登板し、わずか3被弾だったが、今シーズンは前半だけで7被弾と、本来の調子を取り戻せていない。

【関連記事】
復帰延期…楽天・岩隈、復帰のメド立たず
楽天・岩隈が右ひじ痛で登録抹消
楽天・岩隈が右ひじ痛のため登録外れる
楽天・岩隈、1カ月ぶり勝利!6回無失点
愛より仕事!楽天・マー君、意地の9回0封

最終更新:7月12日16時34分



*****
打たれる日もあるだろう。
本人がいちばん辛いはず。
復調を期待しよう。 

| NEWS | 18:47 | comments(0) | trackbacks(11) |
【MLB】イチロー「マウアーなら許す」
JUGEMテーマ:スポーツ

 【マリナーズ3−1レンジャーズ】マリナーズのイチロー外野手(35)が9日(日本時間10日)、レンジャーズ戦で11試合ぶり今季12度目の3安打を放ち、逆転勝利に導いた。0―1の8回、左腕ウィルソンの外角低めへのスライダーに体が反応した。見逃せばボール球を払うように流し左翼線二塁打。そこから四球を挟みグティエレスが逆転3ランを放ち、首位とのゲーム差を3・5に縮めた。

 天才はライバルの登場を待ちわびていたかのように言い放った。「マウアーなら許す」。前日に腎臓手術と腰痛で出遅れていたツインズのマウアーが規定打席に到達し、打率トップの座を奪われていた。「誰がそこに来るかによる。マウアーやったら全然いいよ。他のしょうもない選手だったら、ちょっとカチンとくるけどね」。3安打で打率は・361。そのライバルもこの日2安打で・389とさらに率を上げたが、何よりの刺激となったのは間違いない。

 「先も長い。選手はそこ(首位打者)を意識するのはまだ難しい。毎年そこに来る選手も変わるけど、争っている相手はいつも僕でありたい」。3位以下とは3分以上離れ、早くも一騎打ちの様相だ。今季123安打とし前人未到の9年連続200安打に残り77試合で1試合1安打ペースに乗せたが「まあ、いいんじゃないの」。射程圏の記録より、首位打者奪還というもう1つ上の目標を追いかける。

【関連記事】
イチロー「マウアーなら許す」けど「相手はいつも僕で…」
イチロー3安打、マリナーズ逆転勝ち
マウアー規定打席到達で“イチロー超え”
慣れないことはするもんじゃない?イチロー、最後にやっと
イチロー“女の涙”に「ぶったまげた」


*****
イチローの快進撃が止まらない。
しかし、このマウアーもよく打つ。
夢の4割も夢ではないかもしれない。
| NEWS | 09:07 | comments(0) | trackbacks(5) |
【MLB】イチロー今季通算安打93本・最多安打争いトップ浮上
JUGEMテーマ:スポーツ

 シアトル・マリナーズのイチロー外野手は20日、本拠地セーフコ・フィールドで行われたアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に1番ライトで先発出場。5打数3安打、1得点と「猛打賞」の大当たりで打率を.352に上げるとともに、今季93安打でメジャートップに立った。マリナーズは同点の7回、イチローのヒットなどで無死満塁のチャンスを作って勝ち越しに成功。8回にも3点を奪って突き放し、7対3でダイヤモンドバックスを下した。

 中盤までは、1点を争う好ゲーム。しかし7回表にマリナーズが同点に追いつかれると、激しく試合が動き出す。その裏、マリナーズは先頭のユニエスキー・ベタンコートがショートへの内野安打で出塁。ここで打席に立ったイチローが、投手のグラブに当たって方向の変わった打球が一、二塁間に転がるという、幸運な内野安打でチャンスを広げた。投手がグラブを出していなければ、二塁手が取って併殺の可能性もあった打球。ある意味、相手に助けられたと言えるかもしれない。

 この後、ラッセル・ブラニヤン一塁手が死球で無死満塁。続く代打ロニー・セデーニョのスクイズは失敗したが、指名打者マイク・スウィーニーがレフトに犠牲フライを放ってマリナーズは勝ち越しに成功し、さらにフランクリン・グティエレス外野手にも適時打が飛び出す。この時、二塁から生還したブラニヤンはホームベースを踏んでいないようにも見えたが、判定はセーフだった。

 イチローは8回、2点を追加してなおも無死二塁の好機で打席に立つと、2球目を三塁前にセーフティーバント。イチローは2打席目にもセンター前ヒットを放っており、6月6日以来、12試合ぶりの「猛打賞」となった。また、今季の通算安打を93本としたイチローは、アーロン・ヒル二塁手(トロント・ブルージェイズ)を抜き、最多安打争いで再びトップに立った。

 なおこの日、リハビリのためマイナーの試合で先発マスクをかぶった城島健司捕手は、5回で途中交代したものの、初打席でレフト前ヒットを放つなど、2打数1安打だった。翌日は指名打者で同じくマイナーの試合に出場予定となっている。

【Game Notes】

・マリナーズは今季19度目の逆転勝ち。6月に入ってからは6度目で、過去3勝はいずれも逆転勝ち。

・デビッド・アーズマ投手が今季14セーブ目をマーク。

・イチローがはメジャー通算1900安打まであと2本。

・ブラニヤンが今季初併殺。規定打数以上の打者ではリーグで唯一、併殺打を打っていなかった。

最終更新:6月21日15時44分



*****
今季好調のイチロー。
早くも93本目のヒット、リーグトップの数字である。
四球が少なく、出塁率が低いという声もあるが、そんな声を吹き飛ばす勢いの打力である。 

| NEWS | 20:33 | comments(0) | trackbacks(63) |
阪神高速道路大和川線工事の受注業者問題について
JUGEMテーマ:日記・一般

   大阪府堺市が進めている阪神高速道路の大和川線工事を巡って、ひともんちゃく起きている。市から指名停止措置を受け、元来入札に参加できないゼネコン2社が、市に工事を「委託」されていた阪神高速道路を通して受注していたことが「発覚」したからだ。市は「適正に取り扱われた」と主張するが、橋下府知事は「ワケのわからない理屈」と強く批判している。

指名停止期間にバラツキ

   大和川線は阪神高速湾岸線から分岐して松原線に連絡する全長約10kmの地下高速道路。阪神高速道路と堺市、大阪府が分担して工事を進めており、2015年3月末の完成を目指している。付近の一般道の渋滞緩和や、経済活性化が目的とされている。

   問題になっているのは堺市が担当している1.6kmの区間。独占禁止法違反で指名停止期間中にあったゼネコン2社が、工事を委託されていた阪神高速道路を通じて受注を受けていた。

   市の担当者によると、ゼネコン2社は07年6月20日に公正取引委員会から独占禁止法に違反したとして排除措置命令を受けた。それを受けて、各発注機関が独自に持っている基準に則って指名停止期間が設けられた。市では、2社とも07年6月25日から翌08年6月24日までの1年間、一方阪神高速道路では、1社が07年7月9日から10月8日までの3か月間、もう1社が07年7月9日から9月8日までの2か月間が停止期間と決められ、両者の間でバラツキが出た。

   阪神高速道路発注の入札は08年6月5日に行われた。確かに堺市の指名停止期間中ではあるが、阪神高速道路の定めた期間中ではないので、問題はないというわけだ。

「受注は、阪神高速道路の基準によって適正に取り扱われました。適法であると考えています」

と同担当者は話す。

   工事を「委託」されていた阪神高速道の広報担当者も

「『委託』ということは工事の発注から実際の施工まで、我々の基準に基づいて任されているという意味だと捉えています。また、堺市で指名停止期間中にあるからといって、阪神高速道路の指名停止期間中でない業者を入札から閉め出すことは逆に不公平になります」

と主張している。

「大阪府が介入して止めさせるということではありません」

   この堺市の言い分に対し、大阪府の橋下知事は09年6月17日、

「行政っぽいワケのわからない理屈。自分のところで指名停止の要件に該当している業者が、間に阪神高速が入ろうが何であろうが、そこが判断したから後は知りませんというのは無責任だ」

と強く批判。そして、

「すぐに部長会議で、大阪府では認めないとルール化します」

と明言した。ただ、この知事の発言に関して、大阪府の担当者は

「大阪府と堺市はあくまで独立した関係で、堺市が『いい』と判断したものを大阪府が介入して止めさせるということではありません。『府』では認めないという意味です。堺市に対しては、府民の税金が投入されていることに、行政がもっと敏感になるべきでは、というような意味ですね」

と説明している。


*****
市と業者の間に阪神高速が入れば受注できるというのは明らかにおかしい。
橋下知事のおっしゃるとおり堺市の言い分は「行政っぽいワケのわからない理屈」である。 
ここはただちに業者を変更する一手だろう。
| NEWS | 08:47 | comments(0) | trackbacks(67) |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ